ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


世代評価と共に個のシステムでの評価とそれが作られた理由も重要な要素

新世代=前世代より優れたものは、改良されるのだから成り立つ可能性は高いですが、ユーザーのニーズに合わせて出る事と、まったく同じシステムを他社は出せない関係から、旧世代より新世代が全てにおいて優れていると全て見てしまわず、それぞれの個のシステムを評価する方向も同時に持ちたいなと思います。
メーカーはユーザーのニーズに合わせますが、それ以外をリリースしてはいけないような縛りもないのですし。*1

*1:ユーザーのニーズにあってないものは大抵そっぽ向かれますけど、ある意味、メーカーがユーザーに打ち出してきた指針はいろんな警鐘もまた含んでいるような気がします、なぜルールに盛り込まれるようになったのか、その理由をどう受け止めるべきなのか、世代論とルールの変化にはいろいろ考えさせられる部分があるような気がします(当然盛り込む必要になった理由があります)、新生代=前より優れているという事は常に当てはまるようにイメージしたくなるんですよね、そこに混乱は生じやすいような気がします、敢えてメーカーが新世代=新しい優れたものと打ち出す理由は理解できるんですけども