ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


政治家にありがちの墓石行政の効果のないやってます感を責任回避に使う惨状

https://gentosha-go.com/articles/-/46190?page=1

 

最早、氷河期世帯の自発的な雇用確保は期待出来ないために大量の生活保護による福利厚生の増大が政府と国民を襲う、これが自己責任の結果ではある。

社会問題化をする頃に政府は対策をしたように見せかける対策を打っても手遅れ

少子化対策のように有効な手を打てずに未来へ先送りというのが実際です。

分かっていて先送りしていたのがアベノミクスなのでこれは死人に鞭打つわけではありませんがあまりに大量の世代数なので手を打っても個々に渡る金額は微々たる物のために結果的に生活保護に落ち込んでしまうというのが結末になります。

 

そうなると責任問題になりますから政府は対策を打った、しかしそれでも漏れてしまった自己責任論を繰り返すだけでしょう。

自暴自棄になりテロリズムに走るような者も出始め、直接の関係はないももの総理暗殺の最終的な引き金は生活費困窮によるテロ実行が、資金があるうちにと早めた結果、今回の凶行が『不幸なミスと悪意と偶然が重なって』実行が成功してしまったという恐らくは多くの偶然と必然が悪意によって手助けしていなければ成功しなかったでしょう。

流石に自業自得というつもりはありませんが不幸にも恨まれてしまった要素を何故か安倍元総理に集約させてしまうようにマスコミが印象操作をやったのが一番の原因だとも思います。

 

アベノミクスの救済の漏れが結果的に政治家に跳ね返ったのは皮肉な話ではあります。