ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


日本の子供は世界で二番目に不幸

https://toyokeizai.net/articles/-/605674

幸福度調査、ワースト2位
これから先を落ちていくだけの社会に未来はあるのか?
(無い)

とは言え、比べるからそうなるので、地雷原の前に立たされているわけでも、ミサイルが降ってくるわけでもない、寝る場所があり、水道から水が出て、電気が来ている幸せを実感できない想像力の欠如こそ、今の日本が不幸な理由なんですけどね。

戦後の焼け野原から始めた記憶のある人は仕事もある寝る場所もあるこの素晴らしさが誰もわからないと言いますが
かといって千尋の谷に突き落として判れとも言えませんが
ひとつ言えることは、失って初めて、失ったものの大切さを理解するのは愚かなことですがほとんどの人はそれを失ってから気付きます。

幸せって大変皮肉に出来てます、失ってからそれがどれだけ貴重な物かを理解する人が多いです。
大切なので二度言いました、日本がウクライナ化をしたら嫌でも気付きますが、そうならないようにしないと多くの人が不幸になります。

今、ウクライナ周辺は水道水が機能していなくて水質の悪化でペストの心配すらあります。
日本がそうなったとき今ある不幸と考える内容は命にどれだけ関わる不幸なのか、その比べ方は卑怯ですがそういう見方も出来ます。
勿論だからどうしろと言うつもりもありませんが、相対的な感覚と絶対的な状況の違いと安全と安心にどれだけの経費がかかっていてそれが『当たり前と思っているのか?』
それが暗殺事件を起こした容疑者の日本の現在と、自分の知っている認識の日本との違いに気付ける人との違いかも知れません。
政治家の殆どはそれに気付けず、暗殺事件は起きた…そういうことになります。
数十年かけてこの状況に導いたと言えますが恐らくは誰一人として責任を政治家は感じていないでしょう。
それが今の日本の問題だとは国民も政治家も危機感を感じていないのが事件を招いたと言えます。
誰一人として自分は関係ないと関連性を否定するだけで自分が関わったと認める人が居ないのが今の政治家の限界です。
事を冷静に現状把握して危機対処できる人が居ないと言うことです。
まあ、出来てたら安倍元総理は暗殺されていませんが…。

言われて初めて理解しますが小学生の時点で親と過ごせる残り時間は平均であと人生の1/3位です。
人は無意識に今ある環境は継続すると思い込んでいます。
しかし、本当はそれはなんの保証も確約もないものであることもあります。

人は愚かにも回避された苦難を理解できない人が殆どです。
残り少ない幸せな時代を幸せに過ごすべきなのですがその価値を当たり前と皆さん理解していない人が殆どです。

まあ、その方が幸せな事もあったりしますけども…。
これから必ず来る不幸に怯え続けるのもまた正しくは無いのでしょうから…ただ、そうなる前に感謝の気持ちは言っておきましょう、言えなくなってしまう前に…。