ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


冒険者、酸欠で死す。

http://jin115.com/archives/52351021.html

配管等含めて、迂闊に入ると酸欠で死亡することがあります。
工事関係者や土建関係や、メンテナンス業界だと普通に理解していてもおかしくない話ですが、理解していても一瞬で来るので助けに入った人もやられるという二重事故も良くおきます。

尚、空気より重いガス等だと、盆地に溜まるのでその地域の地元民は知ってますが踏み込んだら死んでしまう窪地等があります。
これは地元民の協力無いと大変なことになります。 

酸素ボンベ背負って対応しないと自分も死ぬのですが、目の前の倒れた相手を救わずに逃げるというのがなかなか出来ないので結構助けようと踏み込んで一緒に倒れる事が多いです。

普通にそんな経験したこと無いはずなので咄嗟にやってしまいます。


ゲームでは良くダンジョン潜りますが、リアルでは洒落ならない危険行為なのは、流氷に乗るのと同様めっちゃ危険ですのでご理解下さい。
多くのトンネルは安全の為に換気されてます。

閉鎖された坑道は本当に危険です。
この場合は、キャンプ等で使う、一酸化炭素濃度計ではなく、酸素濃度計を使います。

どっちも普通は持ってないと思いますが…。
一酸化炭素濃度計は警報器は、屋内暖房で停電の際に危険なのでキャンプ用含めて持ってますが、穴に潜る場合は酸素濃度計を使います。

こっちは使う事が限られるので買うか迷い中
ガイガーカウンターあるんだから持ってても良いとは思いますが使う機会は無いとは思いたいですが…。
ガイガーカウンターも多分使う機会は無い方が良いです。