ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国、ビットコインによる環境破壊と資金流出を警戒?

https://jp.reuters.com/article/crypto-currency-idJPKCN2D2251

ビットコインのマインニングは、既に火力発電所を買い取るとか、価格が高騰していたので、様々な設備投資が有効になってしまって、地球環境に無駄に資源を浪費してマネーゲームしている状態になってました。

これにより金へリスク回避していたマネーが仮想通貨に流れて金の価格が下がった当たりで、イーロンの発言やチューリップバブルだの、再び金価格は高騰しました。

まぁ、困るのは金儲けに目の色の変わったチューリップバブルを信じた人達ですが、果たして仮想通貨には価値があるのか?
なかなか面白い社会現象だったかもしれません。

歴史は繰り返した見たいですね。
ただ、金あまりとマネーゲームの加熱は、その後、大恐慌を経由して世界大戦にまで発展しましたが、今回はどうなりますかね?
(前回は核兵器は無かったので今回は世界が終わってしまう可能性もあります)

中国の場合、デジタル人民元という、中国自身が、中国版仮想通貨を始めるので、単に都合が悪いだけと言えそうですけども。
海外にビットコインで流出されたら困るんでしょうね。
中国経済は実際問題どこまで崩壊してるんでしょうか?