ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国は、ワシントンでの武装決起に見せかけた、暴動を画策している。

https://news-us.org/article-20210117-00004626848-china

そりゃ、画策しているでしょうね。
けど、2万5000名の州兵相手に勝ち目はありません。

それでも、なんとか、トランプ支持者をだまくらかして、州兵と戦わせたいので、色々画策中

流石に1月6日の工作が明るみに出たから、引っかかるトランプ支持者も居ないと思うけど、どうでしょうか?

多分それでも、自爆させてトランプ支持者として突撃させる要員は確保している筈
多少は起きて、マスコミが大々的に報道するまではお約束のような気がします。

因みに、議会へ乗り込んだ、自称トランプ支持者となっているANTIFA工作のバッファロー男は、『銃弾8発を撃ち込まれて自殺』…ではない、銃弾8発を自分に向けて打ち込んで自殺したそうです。

普通、一発撃っただけでそれ以降は自分に撃つのは余程の激痛に堪えられる人でも無理です。
それを8発もですから、切腹介錯なしでやり遂げるくらい凄い人です。(棒読み)

とまぁ、本当にアメリカを壊す為なら犠牲は問わない見たいですから、これ見ても、ペロシが半狂乱になるのはわかります。
逆らったら皆殺しなんですね、流石中国、人の命が軽いわ

けど、日本も完全に中国に取り込まれてる現状、もう日本も手遅れなんでしょうね、多分…。

さぁ、どうなりますか?

中国は、一度命令がくだれば、絶対やるので、ここまで相手が待ち構えて居ても多分やるんでしょう

もう、証拠はこれだけそろっても、まだ、大統領ですなんて、バイデン陣営はいいますかね?