ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


遂にアメリカが、日本の親中派の政治家を名指しで非難を始める。

http://chantome-2ch.doorblog.jp/archives/57020371.html

戦時下だと、こんなもんだよね
従来、中国を非難しても、きんぺーを名指しで非難はしなかったのに、今は名指しで非難を始めたということは、アメリカの中国の冷戦は回避不能、きんぺーを失脚させないと冷戦は終わらないということ

アメリカから指摘された人を政界に残せばアメリカから、圧力がかかるから、次の人事改編次第では、アメリカからの圧力がかかりそう。

既に名指しされている時点で、アメリカは、NOを突きつけたということなので、お茶を濁そうとすると大変なことになりそう。

実際、アメリカでは、中国が主導して黒人暴動も起きているから、日本での工作も当然警戒している。
日本がアメリカを裏切ると表明した場合、南海トラフ地震が起きかねないので、迂闊な対応は、本当に日本が滅ぶので正直、いろんな意味で辞めて欲しい。

というか、中国の指示と工作があからさま過ぎて必死過ぎるだけに、命じられて動く方も大変そう。

戦時下って、背負わされた工作で立場失っても中国は、『馬鹿な使い捨て』と中国は思ってるので動かされる方も大変そう。
賄賂やハニートラップや証拠写真握られてるから、断れば、スクープ流されるから従うしかない。

結局、排除しないとアメリカにやられるし、今後の対応いかんでは色々言われてきそう。

アメリカとしては中国とのパイプと工作は止めたい。
わたりに船となるか、中国とのパイプは残しておきたいのか、なかなか、米中どっちの肩をもってもひどい目に合うので冷静な判断が必要そう。
最も中国の味方したら踏み台にされるだけだから、答えは決まってるようなものだけど