ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


進化論の誤用について物議

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASN6X3168N6WULBJ007.html

こう言うのは議論しないと始まらないので、大いにやった方がいい

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96
進化論の誤用もそうだけど、優勢学も政治に利用されました、これはナチスドイツね

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E7%94%9F%E5%AD%A6

つまりは政治家が科学的根拠を元に何かをやろうとすると底が浅いから大抵は誤用や間違いをしでかすということ

でも、元々認知されてないから誤用するのであって、一度話題になったなら、徹底的に議論すべき
憲法改正ではなく、進化論や優勢学についてね

で、その上で、どう誤用して政治に持ち込もうとしたか、そこを理解した上で本題の憲法改正について論じた方がいい。

きちんと根底を揺らいだまま話をするから、誤用だなんだと言われるんだから、使うくらいならしっかり調べて使いましょう。

ただ、そうなると全然意味が違うから使えない。
つまりは科学的根拠を政治利用すると、専門家に怒られるから、しっかり専門家会議を耳を傾けて、都合が悪くなったら閉鎖するような政治利用は、まともな政治家はしちゃダメだよというお話です。

自分の政策に都合がいいから専門家を利用して、責任は専門家に押し付けて、都合が悪くなったら使わないなら、専門家は協力なんてしてくれませんよ?

この先、専門家からそっぽ向かれて経済崩壊しなきゃいいですけどね


話を戻して、憲法改正と進化論は、変化出来るからではなく、結果的に、改正した、しない関係なく、これからの世界の荒波(特に中国とアメリカ)に、憲法第9条が有ることで、戦争回避、無いことで戦争対応が出来ずに滅亡する、その結果を持って生物に当てはめるなら進化論に似た結果は得られるかも知れないですが、政治に進化論を当てはめるのは、生物と政治形態は本来別物だから、まずは政治が進化する生き物とどこが相似しているかという定義の検証から始めてグダグタになりそうな感じです。

大抵は科学的理論を政治利用すると、優勢学の前例があるから大抵は拒絶反応されそうです。

ただ、この機会に、進化論、優勢学、憲法についてとことん議論してみるのは悪くないです。

炎上にしろ、知らないより、知った方がより、判断しやすくなりますからね

憲法が改正されないのは日本位です、多くの国は必要に応じて憲法を時代に合わせます。
ただ、日本の憲法は、アメリカに押し付けられた物でもありますが同時に平和憲法という、事実上、単体では機能しない、米軍と核の傘があって機能する不完全な物です。
同時に完全に機能するようにすると、過去の歴史から暴走を懸念する声もあります。
同時に周辺の国が完全に暴走している時に、暴走している周辺国に、暴走が心配だとか、言われると、おととい来やがれ、少しは鏡を見やがれスットコドッコイとか、本気でどの面下げて言いやがるんだとか、本気で思う周辺国家ばかりで頭が痛くなります。
そもそも、周辺国家が軍事拡張、領土問題、侵略を企てなければ、平和憲法は改正せず、平和で居て欲しいというのが万人の願いなのですから、少しは心を入れ換えやがれ、周辺諸国という感じです。

アメリカ、中国、ロシア、この辺の武装解除して、全部、内政につぎ込めば、新型コロナも、貧困も社会格差も、人種問題の幾つかは解決し、温暖化もまだ間に合うかも知れません。

誰かより豊かになりたい、富の占有、貧富の格差、これを増大させるのは軍事費の拡大です。
だからといってチベットなように、無抵抗平和主義は中国に通用しませんし、数年後にはそんな認識であれば、日本もチベットと同じになります。

中国によって、臓器転売の検体になってるでしょう。
平和的に解決させるには、軍事オプションを使いたがる人達をぶん殴って軍事オプションを捨てさせるという矛盾した行動が必要です。
ぶん殴るのは、武器ではなく経済でも、交渉でもとにかく嘘をつく相手が正確に履行できるシステムを構築しない限り無理です。

中国にとっては、それは恐らくは民主化です。
この際、戦争でも、革命でも民主化をさせないと世界平和は来ません。

少なくとも、洪水で見殺しにするような指導者を次の選挙で落選させられる体制でないと国民は地獄から中国は抜け出せないでしょう。

そして、チャイナマネーで政治家が中国にしっぽ振ってる現状も何とかしないと致命傷になります。
この数年で歴史と社会構造は大きく変わりそうです、恐らくは戦争がそこに絡んでくるかも知れません。

平和は、矛盾してますが、血を流さないと得られない、理解しない人が多すぎます。
何とかならないものでしょうかね?