ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ねらーの作ったコラ画像が、核戦争の引き金に 韓国施設爆破の原因?

http://toua2chdqn.livedoor.blog/archives/56870945.html

http://news1.matrix.jp/?p=12791

色々突っ込み処満載ではあるが、作った奴も確かに悪い

けど、いくらなんでも、コラ画像北朝鮮に風船に載せて送る奴があるか!(困惑)

これで、朝鮮戦争再開して、核戦争なったら、どうすんのよ

新指導者、ドSで容赦ないとか言うし、日本がとばっちり食らったらどうしてくれるのよ
こんなんで、それでなくても起きてる第三次世界大戦、経済戦争から実弾に変わったら洒落なんねーぞ

というか、普通に怒ると思うよ、女性指導者にこれやったら
どうなんのかね、これ

https://news.yahoo.co.jp/articles/06677136a1219425c2787250ad73126b8224732f
やはり、本気で激怒していた模様

因みに、覚醒剤を常用しているという噂もある指導者ですから、幻覚を見て核ミサイルの発射命令をする可能性もあるため、キューバ危機より危ないかもしれません。

なにせ、キューバ危機の時には、核ミサイル危機でしたが、発射命令を出したかった本人は、ロシアに発射権限危なすぎて持たせて貰えなかったので撃てませんでしたが、権限あれば撃ってました。

今回は、幻覚で冷静な判断出来ない人間が、核ミサイルの発射権限持ってます。
非常にヤバイ、キューバ危機よりヤバイかもしれません。

覚醒剤の幻覚は洒落ならないですので、世界終わるかもしれません。
食料危機用の畑無駄になるかなぁ…?

ともかく2023年迄に北朝鮮の外貨は尽きるので、完全に借金まみれで破産状態の無敵の人状態なのが北朝鮮です。

韓国はどうするんでしょうね
八方塞がりで、本当にどうなるんでしょうか
食料危機は北朝鮮は酷いでしょうし、外貨をコロナで稼げないのでこの先何も出来なくなります。

どっちにしろ6月25日以降のスワップ用のドル借り入れを返さないとなりませんし、8月には日本からの報復経済制裁となる(勝手に凍結した韓国の日本企業の資産売却)予定ですし、最悪は日本の信用状の停止で、韓国経済はデフォルトしますので、韓国発の世界恐慌となるかもしれません
日本は韓国を崩壊させたという汚名を着たくない筈だから何をやっても大丈夫とか、わけわからんことを考えてますが、日本の真意はどうなんでしょう。
取りあえずは、8月前後には韓国関連には関わりたくないのが本音ですね。

その前に…と、動きがあるか、そのまま衰弱死するか、新型コロナは、まだ、収まらないようですから、外貨獲得は絶望的です。

途上国は、本当に崩壊する国がどんどん出てくると思います。
どのタイミングで生き残りをかけて戦争になるか、本当に残された時間はあと僅かなのかもしれません。