ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国のトイレ排水漏れによる感染拡大が意味するもの

https://news.livedoor.com/article/detail/18408935/

汚水管理が、エアロゾル感染含めて、糞尿の管理が徹底出来ないと、感染拡大の原因となりうるということ。

これは、不衛生な環境での、新型コロナの感染拡大が起きやすく、日本がトイレ回りの衛生面が世界的にも優秀(例外はあちこちにあります)であること、トイレの使用方法もモラルが守られていること

また、一旦、モラルハザードを起こせば、全世界のトイレが集団感染のホットスポットになりうるという、まぁ、最初から指摘されていた事が実証されたような物ですが、気になるのは、これからの南海トラフや豪雨災害で、浸水被害が出る事です。

浸水被害は、それだけでも大変ですが、直後に多くの感染症被害がこの猛暑での腐敗によって起こされますが、それに更に、新型コロナ感染が加わる悪夢のような展開となります。

浸水は、トイレの逆流、汚水配管のマンホール外れの汚水流出、それが混じった汚水がくまなく浸水家庭を襲うという、新型コロナ時代は、豪雨災害は、非常にリスクの高い災害になります。

また、浸水しなくても、避難所での不衛生な状態での感染拡大も予想されます。
そもそも、避難所生活での体調を崩して亡くなるかたが通常の災害でも、普通に起きるのが、今後は更に顕著になります。

そして、感染を恐れるあまり避難を躊躇い逃げ遅れる等、複合的に被害は複雑化をします。

行政は対応するには対応仕切れませんから、生き残るつもりなら、自己防衛と準備が必要です。

既に目に見えませんが戦時下なので、頭上から爆弾が降るのではなく、状況:ガス ですので、よく考えて避難対策を講じてください、対策遅れは本当に死にますよ