ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


中国はカルタゴの轍を踏むか?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00010000-jindepth-int

カルタゴは、よく日本の末路としてたとえられるが、今回は中国がその轍を踏みそうである。

ローマは、議題の末尾に、こう沿えるのが当時、流行した。

『……それでも、カルタゴは滅ぶべきである』
アメリカは、WHOが中国への忖度したウイルス名を止め、武漢ウイルスと、原因を指摘する名称を使うようになった。

そもそも、中国が隠蔽、責任回避、WHOからの忖度、情報隠蔽による、各国の蔓延

最早、ライトノベルの悪役のような立ち位置を自分から買って出ている有り様だからだ。
挙げ句には、自分のところが目処がついてたので、WHOを、使ってパンデミック宣言で世界恐慌を発生させる(トランプの渡航制限も大きいが)という、もっと早くやらねばならないことを忖度して、世界規模の悪魔の所業をやらかしている。

賠償額は国が傾くのレベルというか、既に多くの国が傾いているが、果たして、中国はこのウイルス迷惑包囲網をどう切り抜けるだろうか?

追い詰めると、ABCD包囲網見たいに、逆ギレして台湾辺りに侵略を開始しそうで怖い。

但し、忘れてはならない、中国は日本に擦り付けようとして失敗し、韓国を道連れにしたが、中国は早期に封じ込めをして、日本が、世界に伝播させた世界へのウイルス感染の責任を日本に負わせようとして、日本コロナウイルスという名称を使おうとしていた。

日本も水際対策を誤れば、中国は責任を濡れ衣を着せるつもりだった事を辛うじて切り抜けている、野党は、医療崩壊を早期に狙っているが、本当に世界にウイルス蔓延の主犯にされる一歩手前で踏みとどまっている事を忘れると、全世界に、ウィルスの責任で賠償することになっていたということは忘れてはならない。

実際には経済戦争の第三幕、ウィルス戦争に巻き込まれて、辛うじて回避している瀬戸際であることは忘れてはならない。


結構、とんでもない事に日本も巻き込まれてたりします。

ソフトバンクの孫会長も野党もそうですが、『善意に見せかけた医療崩壊の誘発』だけは回避しないと、イタリア化をする一歩手前である事は理解しておかないと、中国の代わりに賠償を続ける事になります、結構重要な局面だったりします。

孫会長も先が見える人だから、本当に必要なのは、医療用のN95マスクと必要に応じたサージカルマスク、殺菌用アルコールと防護服が大量に必要な事は理解しているのに、何故か中国で量産体制が整った中国が当面余裕がある物で、転売すると禁固刑になるマスクを寄付するというしたたかさは、流石としか言いようがない。
転売できる消毒用アルコールは寄付してもらえないのでしょうか?
医療現場が今本当に必要な物を送らないと、地震時の救援物資で不要なものを送りつけるのと同じことになってしまう。

https://www.moeruasia.net/archives/49660266.html
本音は中国と結託して、企業利益を、狙っただけでした。
そうだよね、そういう人だし…。
しかし、転売禁止になったとたん、100万枚出てくるのは不思議な話です。
誰も不思議だよね?とそれ以上は突っ込むとヤバいので言いませんけど。

でも、ともかく、マスクは頂戴(笑)
アホな政治家と中国が買い占めて日本にないから
もう、なんだかなあという、マッチポンプな気がします。

そもそも、中国が日本企業の中国マスク工場の生産品を買い上げ、日本には送らせない(送ったら工場長は逮捕される)事が原因なので、実際は、支援というよりは、奪った品を感謝しろと送りつけるのが実態だったりする。
でも、ないよりはあった方がいいわけだから、感謝しないといけないよね?中国さん?

もう、なにがなんだか、わけわからないよ
でも、それが、チャイナリスク、覚えておかないと、また、やられるよ

中国の無茶苦茶さに日本の誠実さは、ただ利用されてるだけのような気がするけど、大丈夫なんだろうか、この国

株価を見る限り、大丈夫じゃ無さそうなんだけど
株価がぶっ飛べば、年金も吹っ飛ぶし、信用不安で長期金利が上がれば、財政も吹っ飛ぶ、日本も禿鷹に食いつかれる事になる。

本当に采配如何では、円も紙屑になる可能性もゼロではない、最も、そうなるなら、その前に殆どの国がデフォルトしてますが、でも、可能性は全世界が吹っ飛ぶ世界恐慌なら、あり得ます。

ますば、韓国が息してるかどうかですね。
韓国とスワップしてる国も道連れにやられると思います。

あとは金融不安のあるドイツ銀行、この辺から、コロナウィルスではなく、信用不安の恐怖は広がって行きます、元々ドイツは中国と一蓮托生なので、どう乗り切るのか、今後の采配を見定めるしかないでしょう。

本当に歴史は繰り返すんだろうか…。