ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ゲーム世界が現実になる異常な状況

真相は不明にしろ、B(バイオ)兵器漏洩を疑われる全世界に蔓延した新型コロナウィルス
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/54327627.html
人造ウィルスの疑念、調査をアメリカが開始
さぁて、本格的に対立構造が本格化、ある意味、本当なら貧者の核兵器を誤使用した国際法違反だから、本当に洒落ならない話だったりする。

なかなか、現実ではあり得ない映画みたいな展開
そういや、テロでビルに飛行機突っ込んだ時も、現実とは思えない光景だったけど、ビルが焼け落ちて倒壊したのも現実の出来事
パンデミックも戦争も現実の延長上に幾つかの条件が合わされば起こる事象が、条件があっていないだけなのだろう。
問題は、ゲームはリセットしてやり直せますが、現実世界はクソゲーですからリセット出来ません。

一発勝負ですべて何とかしろって、ゲームですら無理なのに現実ではもっと無理です。

それをプロジェクトとして防疫をやったことがない政治家に任せたわけですから
結果はゲームオーバーに当然なります。
ましてや人命より政治的配慮が災害対策より優先されるWHOの機能停止状態まで重なって多くの人災が相乗効果で組合わさったのも不幸な事です。
本来、WHOが言ったことだからと責任を擦り付けて対策をそれでなくても後手後手に回るのが常なのに、WHOが中国に忖度して機能しないと日本みたいな誰かが責任を取ってくれないと動かない官僚制度では機能しません。
特に政治家が国を救うという立場に立たされたとき、その自覚があって国政に立っている人が居ないのが問題です。
内閣に派閥の順番でなっている状態ですから国難に対応できる人材はゴジラが出てから、前総理のヘリを撃墜されないと頭角を表しません。
映画と違ってそう上手く人材がその場所にいるってのは滅多に有りませんけどね。

原発事故もそうですが、それで犠牲になる方がもっと不幸ですけどね。

危機感が野党を見る限り全く無いことに驚かされますが、次回の選挙は本当に考えないと日本が滅ぶかもしれません。

少なくとも野党に政権任せたら日本滅ぶわ、桜とか言ってる場合じゃないから
言ってることをやらないのが政治家ですから、実際に何をやったかで次回の選挙は評価しないと本当に日本は滅ぶかも知れません。
本当にいますべきことを理解してないから、与党も野党も支持率が下がるのです。

既に国内感染のパンデミック防止は諦めた雰囲気です。
重症者のケアのみで、自己治癒優先なので体力あれば、救えたらいいな程度、ただ、日本は生かす事にかけては世界一優秀ですので、医療機関がパンクするまでは延命に関しては暫くは死亡者少ないでしょう、隔離ベッドがある限り対応可能と思われます。
ただ、全国で1800床ですので、一部既に地域ではパンクも予想されますので、その辺りから死亡率が上がります。
また、数字上は、肺炎として処理されるのが殆どですので、新型コロナウィルスとしては亡くならないと思います。

恐らくは終息まで、あの大騒ぎはなんだったの?という終わりかたをするかもしれませんが、実際には密かに肺炎死亡者がその分、今年、来年は増えて終わるという終わりかたかもしれません。

現時点は、中国の武漢以外のエリアと同等レベルの危険度です。
ただ、極端に日本は人口密集型の行動スタイルですので、すぐにアウトブレイクが発生します。

この先は映画と同じパニックが発生しますので、映画なような買い占めではなく必要な物の備蓄を少しずつ行って下さい。

流通以上の買い占めは、パニックを煽りますので、南海トラフ地震対策を兼ねて少しずつ必要な物を準備して下さい。

尚、中国の産業停滞で中国製品のサプライチェーンが崩壊してますので一部の品は買い占め関係なく不足します。
必要なものは、ある程度は考えた上で備蓄をすべきでしょう。

オイルショクのトイレットペーパー買い占めのように意味不明なデマに惑わされず、生活に必要なものをローテーションする形で備蓄を進めましょう。

そうすればマスク不足のような混乱は避けられます。
(あれは買い占めと無意味に支援物資として中国に送ったアホがいるせいですので 国内で不足しない範囲で送るのは、元を絶つ意味で正解です。物は限度と時期、在庫を、把握できない人がやると国が傾きます 政治家は先が読めない人が多いようです、この人達に政治を任せてるのは、国民の責任なので、流石にそろそろ誰でも好きなやりたい人にさせとけばいいよ、そんなことに関わるほど暇じゃないからって心理で、政治をほっとくと命に関わるってことを死んでから気付いても遅いですよ? 政治家が無能なのは、それを選んだ国民が怠惰だからです まぁ、アメリカ自体があんなですから民主主義は非効率ではありますが、でも、独裁国家で土に生きたまま埋められるよりはましです)

ただ、気になるのは潮目が変わった気がします、こっから先は、一度、全社会制度がぶっ壊れて再構築までいくかもしれませんが、停滞に嘆いている若い世代と氷河期世代には再構築は恩恵かもしれません。
尤も、この先の大恐慌の後の大崩壊を生き延びたらの話ですが。

ただ、少なくとも多くの淘汰と再構築がおきますから、既得権益は一度ぶっ飛ぶかもしれません。
山師には楽しい時代かも知れませんが、一般市民には地獄でしかないかも知れませんけどね。

日本円や米ドルがデフォルトして紙くずになったりする可能性はゼロではありませんが世界経済が崩壊します。
逆を言うと世界経済が完全に崩壊すると、円もドルも最後にはぶっ飛びます。その前に他の通貨が崩壊しますが、韓国もロシアも一度、通貨がぶっ飛んだ事がありますし、この先、中国も可能性があります。

ギリシャや、イタリアなど、それでなくても死にかけてる所はどうしようもなくなります。
既にぶっ飛んだ元ゴーン会長のいる所とかは、まともに通貨が機能してません。

そんな時代になるとすべての価値観はひっくり返ります。
そうなると戦争の土壌が生まれますが、本当にこの先、そんなことになるのでしょうか?

政治家は国民の生命と財産を守るのが仕事ですが、少なくとも野党は仕事はしてませんし、与党は危機感がありません。

勿論、これが、日本を建て直すための、老齢者、弱者淘汰の乳母捨て山計画でなければですが
既に世界が日本をその様に見ている状況で有ることは危機感を持って対処しなければなりません。

人は切り捨てられる側になって初めて真実を知ります。
最悪の事態を想定して準備はしておきましょう。
どちらにしろ、人の命は個人はやり直しがききませんが、国は何度でもやり直せます。

危機感の個人と政府側の差はここにあるように思います。
ただ、医療従事者は、その無策で倒れていきますし、国民も死んでいきます、経済も連座して崩壊します。
国会は、いつも通り、野党が批判していていい状態ではないのです。
国が滅ぶ時と反対だけいってればいい時は違います。
国民は食料と自分の命が侵されるときだけ本気になります。
日本人の本気になった時の同調圧力をなめてると、与党も野党もふっとびますよ?マジに