ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


携帯電話の基地局の予備電源の継続時間について

【北海道地震】「基地局の非常用電源は最大24時間、多様な給電方法を検討」—— ドコモ、KDDI、ソフトバンク対策急ぐ | BUSINESS INSIDER JAPAN
今回、デマとも誤情報とも紛らわしい情報とも言える、数時間で携帯電話が使えなくなる話ですが、非常にグレーゾーンで結果的に被災者の不安を助長しただけという結果だったと思います。
これについては、善意だったにしろ不安を助長して実際どう発信するのが正しいのかは難しいですが、基地局には非常用電源を用意していますが、これには限りがあります、永遠には使えません、これによる長時間の停電の場合、基地局が保持できなくなる限界時間は確かに存在します。
ただ、これはそれぞれの企業側でも混乱を助長する可能性がある為、繋がりにくくなっているとしか答えにくいものでもあります。

どちらにしろ、本来必要な安否確認に留め、電力の復旧後、落ち着いてから連絡を取り合うか、無料の公衆電話からの発信、安否確認サービス等の利用で、トラフィックへの負荷を軽減するのが正しい選択だったと言えますが、人間不安な時、近親者の安全を確認したいというのは当然の心理だと思います
ですが…一呼吸おいて冷静になって、必要な行動をとるようにお願いいたします。