ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


新年あけましておめでとうございます、本年も皆様にとって輝かしい一年となりますことをお祈りいたします。

さてさて、TRPGから足を洗ったわけではないけど、TRPGに手を出すにもどんどん垣根が高くなってきた今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか。
趣味や好みが大きく広がり、同時にカードゲームが主流となっていったのは今に始まった事ではないですが、コンシューマやネットゲームがアイテム課金でほぼ初期投資無料で後でがっぽり回収するき満々のご時勢で、TRPGのルールブックは時代の波に押されてどんどん高騰しつつプレイ人口は何処へ行ってしまったのでしょう?というようなご時勢ではあります。

NETでは、やるの大変だったり足を洗ったつもりはなくても中々やる機会がないよーという声もちらほらあるようなないような、これって結局、自分が気になる声を見てやっぱりそうなんだろうなぁと思っているだけで
全開ばりばりでTRPG遊んでいる人達もいます、AD&Dも、もう新版でごりごり遊んでいる人達もいますし…なんか昔の海外翻訳の頃みたいなノリに近くなってきたなぁーとか温故知新な感傷に浸っておりますが

んで、最近はネットブック全盛ではありますが、去年、TRPG祭りで関連図書割引セールしてたんですねー。
KADOKAWA直営電子書籍サイト BOOK☆WALKER│無料試し読みあり

…で、今は購入価格はほぼ定価…殆ど持ってるし、かなりの数、古本屋で100円であったりするけどなーとか思いつつ
関連図書見つつ、いや、あの頃はソードワールド初版のやつだよなぁ…とかすっかり感慨爺化してます、こりゃ、新年早々ダメダメっすね。

体調戻していろいろやりたい事は一杯で少しづつ手をつけています。
まずは、この空爆の後のような家の惨状を何とかするところからというのが現状ですので、TRPGがらみの再構築はもう少々お待ちください。
いや、最近はほんと誘惑が多くて、積みゲーだらけだし、モバイルアプリは手を出さないことにしているけど、艦これはいい感じに合間時間を持っていくし、WOTは、偶にやると結構面白くて課金させようとしやがるし、Steamは、日本の流通価格の半値以下で良質なゲームどんどん配信しているし、日本語化できたら、ほんとに来年まで不眠不休で遊んでも遊びきれないし、正月休みでどんだけ消化しても消化しきれないうれしい悲鳴状態の今日この頃です。

軽薄短小の志向はこの先もこんな感じなんでしょうかねぇ…。
重厚長大もいいんだけど、コストが見合わないんでしょうねぇ…遊ぶときは、コストがかからない重厚長大のチョイスをしているあたり、結構矛盾というか無茶苦茶言ってますけどね。
サービスは無料じゃないし、コストに見合ったサービスと対価を支払わないとその業界は大手だけが生き残ってその後、独占企業が、某マイク○ソフトのように暴利な利益回収に手のひらを裏返してくるのにねぇ…。
何でもかんでもひとつに任せきりにすると抑制がきかない状態にもなるし、不景気からその改善に諸手を挙げて手放しに放任すると、自らの手で独裁者を生み出すことにもなってしまいます。
はてさて、今年は消費税も引き上がりますし、円安誘導もこの先何処まで行くか、数十年ぶりの大変動からの戻りなら、そこはチャンスでもあるのですが…チャンスを生かすのは、幸運の神様は後ろ髪はないそうですけども
リバウンドも怖いからなぁ…*1
「人の行く裏に道あり花の山」とはいえ、靴磨きの少年のお話もございますので、はてさて、今年はどうなるか*2

日本の貯蓄率はフランスの7分の1に低下!その理由は? [預金・貯金] All About
皆さん、いろんな意味での健康管理にはお気をつけください。*3
それでは良い新年をお過ごしください。

*1:大体マスコミが一般庶民にブームをたきつけるようになったら、既に刈り取りの終わったタイミングで騙されるだけですよ

*2:アベノミクスって、嘘も言い続けていれば真実になるって類だと思います、でも、政治家って、そういうことをして道筋を作っていかないと、大衆の心理って目先しか見ていないし、最終的に到達したい目標か過程での到達目標をクリアできれば政治としてアリなのでしょう… 所得倍増計画や、年金制度とか、国債運用とか、短期的に自分達がうまくいければそれでいいというパターンは非常に多いもんですからねぇ… 本格的に屋台骨が危なくなってきたとき、政治家がどう動くかで国の盛衰は決まりますが、さて、自覚がどの程度今の政治家にあるかどうか…一度野党に落ちた経験はその反動になってくるとは思いますけどね あと、この国は、数十年前の国難の時は戦争を選択しましたよ…なし崩し的に他の選択は難しかったですけども

*3:現実世界がパラノイア一歩手前ってのは笑えない冗談ですけども…冷戦時代には、核の恐怖の中でそれを笑い飛ばして生活していた時代もあったのだし、その時代時代で出来る範囲で選択していくしかないのかもしれませんが…幸福の意味、どこを基準としてみるかでしょうからね 幸福な基準を何処に置くかで人の感じ方は如何様にも変わってしまいます 市民、あなたは幸福ですか? 市民の安全は完全に保証されています、国の利益の範囲内で…尚、都合の悪い事はすべて開示されません、政府が公開する情報がすべてです… いや、笑えないよ、まったく…。 ディストピアですか?この国は… ディストピア (でぃすとぴあ)とは【ピクシブ百科事典】 理想的な社会主義の末路ともいえますしね