ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


協力しない人達

「協力しない人達」☆ - まゆげ犬雑記帳
卓が崩壊しかかったりすると、心の中に芽生える本音、でも言っちゃえば間違いなくGM側から崩壊する。
一方的に全責任をマスター側に求めることもできないし、プレイヤー側の機転を最初から期待しても無理
でも、実際にはどんな無茶なキャラ設定も自分の技量を把握した上で設定してきて活躍する人達が本当にいるからバランス調整は難しい。

どんな設定も行動も、うまい人がやれば、設定自体が叩かれるような内容でもうまく回る。
それが回らないのは、対応した相手だけが悪いのでしょうか? どう思いますでしょうか?
どっちにしろ、お互いの意思疎通ができていないと致命的な崩壊になりやすい兆候ではあります。

持ち込んだ設定を本当に生かしてくれるのかどうか、信用していいのか、常に悩みますが、
無難な選択は、怪しいと思ったら設定を許可しない、でも、そうしてしまうとそのプレイヤーのモチベーションはガタ落ちだったり卓を蹴ったりします。
そして許可すれば案の定、大失敗…。結果論は最初から止めろ、でも、止めれば理想論として参加者の自由をやりもしないで奪うな、ではどうしろと?
最適解はその人ごとに違うというのは判っているのですが、なかなか見抜くことはできません。


ここからは蛇足

参加者の皆さんにはこれだけは言っておきたいですが、シナリオやイベントが失敗したり崩壊しようとしているとき、参加者の技量を嘆く前にGMの対処のまずさを嘆いている自分がいます。
その時点で可能なもっともダメージの少ない(参加者全体に対してであって、そのプレイヤー個人に対してではありません)落しどころを模索した結果が判定結果です。
GMの判断の正当性を主張するつもりはまったくないですが、それが正しかったかどうかは常に悩みながらもその時点で決断しなければ処理は停滞します。
結果論と理想論は誰でも言えますが、現実にそうならない理由はそれぞれにあります。
毎期、トラブルを起こしにくい調整を前回の行動を見たうえで調整し続けてきた結果が今であるという意味を考えてみてください。
で、それを突き詰めると自由度がなくなってしまうんですよね。トラブルを自ら調整できるなら、そもそもトラブルは最小限に抑えられ大きくならないものなのですから。

新規の運営に対しての不安も前期を見て思う部分もあります、けれど、それを信じなければ成り立たない、だから信じる。
…そう言える様になりたいと常々思っています。(けど、怖いので予防線は敷く)