ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


「なぜ人を殺してはいけないの?」と子供に聞かれたら

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51099893.html
本音としては社会秩序の維持として必要だから。そして一度、戦争になれば簡単にそれをひっくり返すのも国家の所業です。
そして、個人的には日本の法は、犯罪者に対して擁護の比重が高く、被害者に対する保護の意識が犯罪者よりも軽視されていると個人的には思う。
ただ、犯罪者と容疑者は違うもので、冤罪の場合取り返しのつかないことにもなりかねない場合も同時にあります。
死んでしまった者は救う事ができない為に、生者を救済する必要があるという殺され損が実際には発生しているのではないかと思います、実際には自衛や安全は個々に必要で、自分でなんとかしろという部分もあるのかと。

でも子供にはそう答えるのではなく、なぜそれを疑問に思うのかを考え、その問いを真摯に受け止め話し合っていく必要があるのかもしれません。
そうでなければ、人の死を軽視する子供達が確実に増えそして大人になっていくのでしょう。

そして、人の死を軽視することは、より多くの不幸を増やすことに後々なるかもしれません、多くはその過程でその意味を個々に学んでいく筈ですが。

子供たちに戦争の話をするときの注意メモ - さり海馬