ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


正義を声高に叫ぶのではなく、手を差し伸べたい。

優しさを失わないでくれ。例えその気持ちが何百回裏切られようとも - ジークス島戦記ロストクロニクルのような記事を発信するなどという事は私にはかなり勇気のいるものです。
という事で小心者の私としては、早くこれを閲覧可能領域から追いやりたいという意識が立ってしまいしょうがありません。

なら、そんな事書くなと思うのですが、楽しく遊びたいから、楽しい話を積み上げていこうよという声はずっと昔から積みあがっていたのだとも思います。

相手には、心の中で思うだけで伝わるなら、世の中もっと複雑でしょう、相手に伝えるように行動する事で初めて意思を伝える事ができます。
ただ、それは多くの場合、要望や要請であり、感謝の声はなかなか声に出して伝えようとはしません。
これは、自分の意思を相手に伝える事は相手にどう受け入れられるか判らない部分もありますし、また、人は楽な方向に流れ勝ちですし、必要な行動以外は無理に時間を割きたくはないのは心理としてあります。
結果、より自分にとって重要な事、自分にとって必要な事として行動が行われます。

相手への感謝や喜びを伝える事は、実際には遠まわしに自分にも返ってきますので、これも実際には重要なことですが、目に見えて効果が現れるのは先の事でもありますから、それを選択する人、しない人様々です。

ただ、場の雰囲気として、常に要望や他の人の行動の注意が溢れている場と、周囲との感謝によって自発的に回っている場とのどちらが過ごしやすいかと言えば、後者である人もも多いのではないかと思います。*1

書いている多くの声は、時に通常より少し分量を過剰に書いています。

よく口にする、「他人を楽しませる事で自分も楽しむ」という考え方は、私人としては、「自分と他人を同じように楽しめればよい」という考えが実際にはあります、相手にホストする事を他人に求めるつもりは私人としてはないのです。
ですが、「自分と他人を同じように楽しめるように」行動した場合、その自分なりの尺度は、相手には、「自分が楽しむ行動」に見える場合があります。
この心理は、前述した、心の中の声は相手に伝わらないという部分にも繋がっていて、自分と他人を同じ尺度で接して行動したつもりの行動は、その当人の気持ちが完全には伝わらない為、その配慮の幾つかは相手に伝わらず、「他人より自分を優先する行動」に見える場合がある為です。
その抜け落ちる、伝わらない部分を予め鑑みて、他人を優先する程度の配慮で、丁度、「あの人は自分も他人も等しく接する人だ」と見られる場合もあるのではと提唱しています。
自分の気持ちを100%確実に伝える方法があるなら、あるいはより確実に正しく伝える事ができるなら、その配慮はより低くしても良いでしょうが、それはお互いが見知った間柄、相手の思考をより知っている間でなければ通用しにくく、その距離が遠い程、誤解や行き違い、すれ違いが生じがちです。

この世界への登録希望者は、ゲームを遊びたいという意識でのみ同一の条件であり、それ以外はばらばらでもあります、リンクや情報を公開するベクトルを揃える事である程度、方向性を揃える事も可能ですが、長い展開期間の関係、またブログの効果もあってか本当に様々なジャンルからの来訪も頂きます。
こうなると、より広い対応も要求され、相手優先の対応でようやく相手に、「対等の扱い」と見えそうな雰囲気でもあるのです。

敬語や挨拶を含めたコミュニケーションの潤滑剤、心理的に見た同調効果、様々な要素は見知っている要素を調整して加味してみようとは思っていますが、常に多忙に忙殺されているGMの事、言っている事とやっている事が違うのもまた困った存在でもあるとは思います。
私に感謝の気持ちは伝える必要はないですが、もし、他のゲームや他の運営者のゲームに参加しているのであれば、楽しんでいる事は周囲に伝え、そして他人と共にある事の配慮を忘れないで下さい。
それは勿論、言われなくても身に着けている人もまた多いと思います。
ですが、知っているのと、実際に行動している事と、相手に伝わっているかどうかは別です。

インターネットは匿名要素が大きく、それは無意識に匿名であるが故の行動になりがちです。
社会に出、そして社会の中での交流や交渉に手馴れた人物でさえ、匿名の仮面をかぶると豹変します、いや、本性が出ます。
匿名で戦う場と、ゲームで共に卓を囲む場所は同じ基準で戦ってはいけません。

相手は倒すべき相手ではなく、共に冒険をする仲間・・・・ですよね? たぶん(ちょっと声がトーンダウン)

*1:逆に、周囲に心にもない声を言わなければならないと、本心でない社交辞令を交わせばそれは、前者となります