ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


自由にふるまう

自由にふるまう : シャノンディーンの冒険者達
これは非常に気になるとともにGM自身にも該当するのかもしれないと思いつつ、決してこのような行動が全ての若い方に当てはまると考えずに、同時にそれでもなお、そういう傾向を持つ人もいるのかもしれないとデザインしなければと思います。
決してひとくくりに断じてはいけませんが、同時に、その傾向を持つ場合も多人数であればある程、見かける場合があるかもしれません。
多人数でのシステムでは悪意に弱いとも思いますが、コメントにあった
>管理者もまた、責任を問われる事を回避しようとしている子供
ひとつの大人の責任回避の現実の姿であり、同時に自分にも当てはまるのかもしれないと、状況対応を管理者負担軽減を模索する自分を見ながら、負担軽減の行き着く先はそのような大人の考えになっているのかもと思いました。
運営の効率ややりさすさを追求する先が、行動を縛ること、本末転倒ですが、かといってそれを完全に否定できない自分にやりきれなさを感じます。
(主に幽霊登録者の削除時や少なくなりましたが参加者間トラブルの際に感じる事が多いのですが)
それもまた自分勝手な感情なんだとも思ってもいます。