ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


ラスボスを倒しても平和にならない世界

コンシューマソフトは、ラスボスを足すことで平和になったでハッピーエンドになる事が殆ど。*1あるいは続編が出ると新たなボスや、平和を破る存在が出現してくるのだが・・。

諸悪の権化を倒した場合、それで平和になる場合もあるが、できれば諸悪の権化を倒した後のこともできれば勇者には面倒を見て欲しい。
(勿論、そういう地味なことはあんまり喜んでもらえないからはしょるのだろうけれども)

結構、ラスボスなりを倒す場合に達成感を出すのではなく、考えさせる事が私は多いような気がする。

ラスボスなり諸悪の権化が何故、そうならざる終えなかったか、そして、それには明確な理由があり、勧善懲悪である事が殆どないからだ。
同時に、プレイヤーにはハッピーエンドとはちょっと違った微妙な感覚を感じることが多いようだ。

『託された、あるいは奪い取った者がもつ、責任とそして権力』である。
それを誰かに預けるでもいい、自分が王様でもいい。

そして、その成果は、少なくとも諸悪の権化よりはマシな政策でなければならない。

・・・なぜなら、そうできない場合、新たな勇者が新しい魔王と呼ばれる存在になるのだから・・。

そして、いつしか君を英雄と称えた市民達がいかに自分勝手でそして自らの幸せを念頭においているか知る事になる。
大量に残された課題と復興処理、敗残兵や巣食った魔物の討伐、復興を急げば以前よりの重税に市民をさらし、下げれば国庫はからになり、諸侯の不平不満から反乱が起こる。

ラスボスを倒せる勇者が、国を治める能力まで持っているかどうかは未知数である。


そして、再び新たな魔王を倒そうとやってきた勇者に、魔王と呼ばれた元勇者は尋ねるのである。
 変わりにこの世界を治めてはくれないかと? 残務処理をできない勇者は最強最弱の魔王となってしまうかもしれない。

 多くの英雄が魔王を倒した後、密かに城を去るのは実は、王になろうと意気込んで帰ってきたらその実情に逃げ出してしまった姿なのかもしれない。

 皮算用もいけないが、魔王を倒したらその後、世の中がどうなるかくらいの計画性をもって魔王を倒して欲しいものである。

 ・・・ご利用は、計画的にお願いしたい。

*1:現実問題として、ハッピーエンドにならないと、お話が終わらない為さらに話を続けないとならないので現実問題としてそんな事は次回作でやるのだろう、前半がRPGで後半が経営シュミレーションのゲームが売れるかどうかはまた別の話ではある