ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


楽しんでくれている姿を見るのが、運営の活力かな?

参加者(プレイヤー)が、わいわい楽しく遊んでいる姿を見ること、それが楽しくて運営している。
いろんなプレイヤーとしての掛け合いと、そして水面下で繰り広げられるキャラクター同士のシリアスなやりとりだったり、心温まる会話だったり。
一部はロールやライトで表示されるが、その多くはその当事者同士で大切にやりとりされている。
そして、その言葉のやりとりと心のつながりが、いざ何かが起こったときに背中を任せることのできる信頼できる仲間となるのだと思う。

200名近くの参加者がひとつの世界で冒険者として動き活躍する様は一種壮観でもある。
勿論、全員が英雄として動くようであれば容易に世界はカタルシスへと動いていくだろう。
ひとたび、NPCがそう動き出せば、多くの小さな幸せは戦いの戦火へ飲み込まれ、冒険者は剣を持ち巨大な敵と戦う事になるのかもしれない。

そして、それを防ぐ為に、密かに冒険者が知らぬ間に、多くの陰謀は繰り返され、知らぬ間にある者は傷つき倒れ、ある者は命をかけ平和を守るために戦っている。
表向きの平和に潜む、邪悪な影を多くの者は知る由もない。

そして、この物語には、現実と同じように結末は皆の努力や行動によって決まる。
勿論、一人で歴史を変えるようなことはそう簡単にはできない、現代と同じように雲の上で勝手に何かが決まっていくのも事実である。
だが、と、同時に、その中で確かに冒険者は生きそしてそれぞれの何かをつかむために日々生きている。

この物語の結末は私にもわからない。
ただ、いえることは、皆が今あることから目を塞ぎ、全ての変化の音から耳を塞ぎ、何をやっても変わらないとその努力を怠ったとき・・ 世界は、それを望む力ある者のなすがままになっていくだろう・・・。
自分の手でできることはちっぽけでその届く範囲はそう広くはない。
そこで全てを諦めてしまうかどうかは、その人次第だろう。

冒険者として何をなし、そして、どう生きるのか? その参加者達だからこそ生まれる物語を私は見続けて行きたいと思う。

 ・・・それは小説以上に勝る面白さなのだから!!(必ずじゃぁないけどね)