ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


実際にプレイヤーが演じたからこそ出る人間らしさのあるNPC達

ジークスのシステムには根幹に大河RPG(エピック・サーガ)としての前作のプレイヤーキャラクター達が過去の歴史の登場人物として登場します。
キャラクター名を一定条件に制限するのも、過去の英雄として名前として奇を狙ったものだとそれ故に登場させられない可能性があるためです。
様々な周囲と交流やイベントの成功・失敗によって出来上がった自分の物語は自分の物語であり、周囲にも影響を与えます。
そしてそれによって出来上がった背景やキャラクターの過去は物語として語れるようなものであったり、人に言えない暗い過去となったりします。

『自分で持ち込もうとした設定では出せない自分の行動と周囲の行動で判定される背景設定』は、俺最強的な無敵君を希望するユーザーの設定を自然と弾き、演技の行動故の自分の行動で得られる状況というある意味自分のコミュニケーション能力とロール能力、判断力を試されるシビアなものです。
自ずと作戦指揮能力・洞察力・お約束の読み・そして一番重要なのが周囲との調和(カリスマ)能力が真価を発揮してきます。

暴走する部下を如何に勇め、組織として目標に邁進する指揮官となるか・・
あるいは的確に上司をもりたてる参謀となるか、一部下からのし上がるか・・
組織に入れば組織の力を使えるのではなく、組織に属する仲間に信頼され仲間と共に動く事で人数分の力を発揮する。
そういうシステムとなっています。

余談ですが、同時にこれには弊害があり、力を押し通すプレイヤーの存在は組織を牛耳り破滅させる可能性も発生しました。制御できない力に酔った時人はどのような末路を示すのか歴史に刻まれる事となりましたが・・問題はその下に居た部下がそれを止める事ができなかったという問題点を現在は修正されることとなった経緯もありました。

実際には同時にそのような演技をできるプレイヤーもまた少なく、多くの組織はその可能性を持ちえながらも上部役員(NPC)によってそれぞれの思惑によって動いていきます。
参加者以外にいるNPC達もそれぞれに過去プレイヤーであったり、過去の戦乱を乗り切った人達ですから一癖も二癖もあるもの達です。

今期がどのように歴史を綴られていくのかは、誰にも予測できない物語となるでしょう。