ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


SOS2スクリプトオブサーガとは?

MISSING LINK http://www.area-s.com/ 様のところで配布されている Perlのプログラムです。
各製作者から作られているサブルーチン群などを組み合わせる事で多種多様のゲームへとアレンジが可能です。
ただしMODのような形式ではないので、Perl、CGIの設置の知識は必要となります。

NWNがメーカーの販売しているソフトであるのに対して、SOS2はフリーソフトであること、ブラウザにてユーザーは操作するので、プラットフォームを選ばないユーザーに展開しやすい仕組みになっています。

CWのように、完全にエディタで製作するものではないので、こだわった作りにするにはHTMLやCGI、Perlの知識は必要となります。
NWNのようにエディタで作らない分、Perlの知識がいりますが、ユーザーが特に意識せず遊べるという点でユーザーが入りやすいゲームシステムが組めます。

自動化という必要性からSOS2を今回のゲームシステムに選びましたが、元々はNWNを次期ゲームシステムとして展開予定でした、既に常設サーバーなどで条件を決めNWNで世界を展開されているユーザー様もおります、DMとしてオンライン中は参加ユーザーと遊び、オフライン中は設定したMOD内の動作でプレイヤーを遊ばせる・・これもSOS2の選択がなければ選択していたと思います。

ただ、SOS2を選んだのは展開するとすればプレイヤーが全てNWNを購入する必要があること、グラフィックボードを一定以上のスペックを要求すること、この時点で購入するユーザーがコアユーザーであり、そのコアユーザーを満たすシナリオ、サーバー維持となると維持、シナリオの両面で満足させるものを製作する時間と維持はかなり難しい部分を要求されるだろうという推測もありました。

『手軽にTRPG風に遊ぶ』という目的にはプレイヤー層がかなりコアすぎあえて私のような者がシナリオ展開する必要はないとも感じられました。
なぜなら、NWNでは海外で評価の高い良作MODが和訳され展開される状態で世界構築し発表する意味は、コアユーザーに対して私ができることは殆どないと感じられたからです。*1

SOS2は、ユーザー層が学生から社会人までブラウザがありインターネットがつなげれば遊べるという形に展開できますし、SOS2のシステム自体が、一定アクセスの後は、回復時間の経過が必要であり、リアルタイムでないという点が、逆にその合間をロールに使えるとという点がTRPGの演技に向いているのではないかと考えたのでした。
SOS2をTRPGのサポートツールとして展開するという方法は非常に特殊な考えであるようで、他SOS2では見られない方法のようです。

中世風に作られたところは見かけますので、特にTRPGとして演技をとまで考えるところはなかったに過ぎないとは思いますが・・。

*1:NWNのエディタを全くの一から専用の言語を覚えて構築する事を考えた場合の対費用効果を見た場合の話、常設サーバーを展開し、詳細な設定を作成するだけの時間と技量がある場合はこのシステムは恐ろしく柔軟にユーザーを楽しませる事のできる世界をプレイヤーに提供できるだろう。過去、これまでの環境を購入者側からアプローチできるだけのソフトは無かったと記憶する。(ソロプレイではあったかもしれないが)