ゲームエントリーへ

TOPページへ

  ジークス島戦記ロストクロニクルって?

 SOS2(スクリプトオブサーガ)というブラウザRPGを、『時間が合わない、時間が取れない、メンバーがいない』等、TRPGを遊ぶになかなか条件がそろわない人、そして、TRPGって何?という方まで、

『冒険者になりきって冒険世界を楽しもう!』という趣旨で展開されるファンタジーRPGシステムです。 ALFRED-SYSTEM自体は、その時代の可能なメディアでファンタジー世界を構築して楽しもうという趣旨で運営されるゲームシステムです。  ジークス島戦記自体は、多くの媒体で遊ばれましたが、CGIで運営されるのが、ロストクロニクルとなります。

参加料金はありません、『他の参加者と協調して楽しむ事ができる事が参加資格』、
趣味で運営しておりますので、同じ卓に集まった仲間とわいわいやれる場所を提供できればいいなと思っております。

もちろん、遊ぶにはお互いが楽しむ為の礼儀やマナーは身につけてね? ジークス島戦記ロストクロニクル

このページは、ゲームシステムの調整報告や、デザインの参考の為のリンクや情報を集積・分類しておく為のページとして運用されておりBlogとして機能しておりません。 GM本人の雑文やプレイヤーに宛てた情報などが含まれます。 ※ご注意 このモードはGMの備忘録モードです。 参加者に宛てたフォーマットや連絡事項は、
こちら 参加者用連絡事項 です。


参加者用連絡事項INDEXモード です。 追加カテゴリ  TRPG   RPG   PC です。

(※情報の検索用に書き込まれた日付が一致しない場合があります。また、個人用にリンクしていますがリンク先の著作権の管理と許可についてはそれぞれの運営者の方針によって様々です、2010年以降改正著作権法適用下ではダウンロードは違法と判断される場合がありますので、リンク先については個々の運営者の方針をご確認ください。)


運営者も参加者も楽しみたい、参加者の最大公約数を満足させるには? しかし、その前に・・。

春・夏・冬は特に参加者の登録が増える時期です。
学生さんの休みと連動しているのが主な理由でしょう。

そして春は特に参加者の出会いと別れの季節です。
学生さんが社会人となってゲームを断念されたり、受験期となってゲームを諦めたり、逆に合格して舞い戻って来たりと・・出会いと別れの時期だったりします。

参加者も増える度に、トラブルが増えルールが厳しくなります。
なんか団体行動の典型みたいで、参加者が増える程許容範囲が狭くなっていくように思うのはちょっと悲しいのですが、同時にそれは自然と起きてしまう事なのかもしれません。

出る杭ならいいのですが、出る釘付バットでは周囲に危なくてしょうがありません。
参加者はできるだけ自分のイメージに特徴づけようとしますしそれが演じる上で周囲との差別化を図る簡単な手段だと思います。

問題は、それを特例となってしまうような事例を認められるかどうか、周囲と不公平感となならない範囲にするという部分が最近のジレンマとなっています。
人数が少なければある程度特化した部分も納得できる範囲はそれぞれ他参加者が了承してくれる範囲なら構わないのでしょうが(極論するなら1vs1なら その人が楽しめるならどんな設定だって構わないという事になります)多人数だと、周囲が不公平感を出さない範囲にしないとなりません。

更にはそれを手本と信じて真似をする人が現れ収拾がつかなくなりました。(過去形)
その為に人数が増える程、ルールが厳しくなっていくという悪循環が続くのですが・・。
それは、システムを理解するのが人数が増える程解釈が人数分増えていくという事に他なりません。

最近は効率とトラブル防止の為に、事前審査と演技の結果のオーディション制度など、非常に傲慢なシステムを取らせて頂いています。まったく申し訳ない限りです。
マニュアル・ガイドも分厚くなり、それを読むのも面倒になりつつあります。

同時にそれ故に読まない参加者がまたトラブルとなり・・・悪循環の繰り返しとなっています。
最近は登録時に『マニュアルやガイドを読むのは参加者の自主性にまかせる』とし、強制はしていません。
と、同時に登録時にマニュアルやガイドを読んだかどうかは、その登録の内容によってすぐにわかるようになっています。

登録時に審査通過確率と書かれていますが、実際、読まないで設計したキャラクターは実際通過することは稀で、多くが周囲とトラブルを「過去しでかした」設定を持ち込まれようとします。

有料のゲームではありませんから、参加希望者に迎合することはありません、過去迎合した結果はトラブルの頻発、システムバランスの暴走という結果でも明らかです。
同時に現在参加している参加者もまた守らなければなりません。
システム未読で従来の参加者との喧嘩で、従来の参加者がゲームを去るような事をこれ以上見たくもありません。
そのように審査を厳しくすれば、多くの場合登録希望者は激減するでしょう。
そんな高飛車なGMのいるゲームはろくでもないと思われる方もいると思います。

何が楽しいかは個人差がありますし、実際にやってみて判断したい。
これは参加者からの意見ですが、その通りだと思います、それだけに、実際登録して頂いて、それで面白いと感じた方だけがゲームに継続されるようにシステムを改訂しています。

ゲームを皆で楽しもうという姿勢を持たれる方はゲームプレイヤー全員ではありません、これはデータからも明らかです、そして、周囲と交流をされる事を楽しめない方もいらっしゃると思います。
それだけに実際に遊ばれて周囲と会話をされそのシステムに触れ答えを出していただきたいと思っています。

同時に運営側に負担を強いるシステムは長続きしないと経験上知っていますので、GMもやりたいこと、楽なことしかしません。
それがリアル側、運営に支障のない範囲を守る事で継続させて行きたいと思っています。

多くの参加者が協力していただいたりフォローしていただいていますが、全ては皆で楽しもうという趣旨の為にあります。
それが苦痛であってはならないのです、お互いが楽しめる範囲を守る、言うのは簡単ですが実際に維持する事は並大抵のことではありません。
特に大人数が演技するシステムでは特にそうです。

事前審査とオーディションシステムの負担軽減のおかげで調整や演出へ割ける時間が増えたのも事実ですし、同時に過去登録後周囲の参加者とのトラブルを起こされたような方の水際での阻止も概ねできるようになってきました。
ゲームにつかえる時間は有限です、であれば、学ぶ姿勢のある方に長く時間を割く方が早くその人をゲームに参加させる事ができます。
学ぶつもりのない人にいくら説明したとしても学ぶ姿勢のある人のように覚えようとしない人には一から説明し膨大な時間を必要とすることになります、と、同時にそれを煩わしいと感じてしまう事が当然ながら多いようです。

参加希望者でも大量のガイドやルールに音を上げる方も多く、とりあえず登録者はさらに多く事前に諦める方も多いのかもしれません。

運営側が理想とするような参加者だけが登録してくれる。そんな状況は夢物語でしょう、と、同時に、管理者が参加者の登録を判断するのは失礼な行為なのかもしれません。

ですが、同時に、無分別に入った参加者が起こすトラブルを過去見続け、そのような制度を必要と感じたのは実際に参加者を受け入れてからの事です。

インターネットの個々のサイトは様々にあり、ここは特殊なのかも知れませんどのような参加者でも受け入れてくれる、あるいは貴方にあったゲームシステムがあるのかもしれません。
そして、もし、このゲームが気に入ってそして他の参加者と楽しく遊んでいただけるならそれに勝る喜びはありません。

それは登録されるキャラクターを見ればわかります。
キャラクター情報には運営側はどのようにガイドやルールを読んでどのように読解してキャラクターを設定したのかが1000名以上キャラクターの設定を見続けるとわかるようになってしまいました。
皆さんがどのようなキャラクターを望み、どのようなゲームを遊びたいのか、どの程度ルールやガイドを読んだのかキャラクターに綴られているからです。

皆さんと良い出会いをできる事を期待したいと思います。
この時期の管理人さんは皆思うことなのかもしれませんね。